サケ・セレクション

MENU

蔵元の皆様へ

主催者メッセージ

主催者

ブリュッセル国際コンクール
代表取締役社長
Baudouin Havaux

SAKEは単なるアルコール飲料ではなく日本文化の象徴です。
今日、グローバル化された世の中で、ブリュッセル国際コンクールが求めるものは、ただ単に優秀銘柄にメダルを授与するコンクールではなく、SAKEが世界の人々や文化と出会うことだと考えています。
つまり、審査員である酒の専門家やソムリエ、ジャーナリスト、輸入業者などが持つ情報発信力により、SAKEを世界に広め、酒を中心とした大規模なネットワークを構築することにあります。
「SAKE selection」の開催に向けみんなで協力しあい、何世紀にもわたる日本のSAKE文化を世界に発信することは、当社にとって最高の名誉だと考えています。

主催者

ブリュッセル国際コンクール
Thomas Costenoble

SAKE造りは、何世紀にもわたり受け継がれてきた価値ある芸術遺産であります。
この日本特有の芸術遺産は、作り手だけでなく消費者の間でも育まれてきましたが、もっと世界にアピールされ、世界でも育まれるべきだと考えています。
ブリュッセル国際コンクールは「SAKE selection」を開催することにより、日本酒作りのノウハウや専門知識を得ることができたこと、そして気品があり芸術遺産である日本酒を世界にアピールできたことを誇りに思っています。
また、ブリュッセル国際コンクールは、「SAKE selection」に出品される日本酒が、酒に関わる各分野において世界的に著名な専門家により、最適な条件のもとでテイスティングされ審査が行われるよう最善の努力を払っています。

運営事務局メッセージ

運営事務局

百五総合研究所
代表取締役社長
荒木 康行

日本酒は「お神酒」とも呼ばれ、古くから神事と深い関わりがあります。第1回「SAKE selection」は伊勢神宮が鎮座する三重県で創設されました。伊勢神宮は全国の蔵元から良質のお神酒が奉納され、1年を通した酒造りの弥栄を祈願しているからです。
ブリュッセル国際コンクール(CMB)は世界最大規模のワインコンクールの他、多くの酒類を対象に、世界各地で開催されています。「日本酒部門」は2018年に創設され、「SAKE selection」としてスタート。今回は第2回、日本一の酒処「兵庫開催」へと発展させていただきました。ジャーナリストや輸出入業務に携わる審査員が多いことから、良質な酒類と認知されれば、世界各地に発信されます。厳正な審査態勢は勿論ですが、「情報発信力」は世界一のコンクールであると私は認識しています。
世界各国から来日する審査員にとって、日本の食文化に直接触れられる絶好の機会となります。日本酒の知識と理解が一層深まり、食とのペアリングで楽しめる環境に発展することを期待します。また受賞酒が地域活性化の一助となり、酒蔵の歴史・文化と観光資源とのコラボレーションやインバウンド誘致を推し進める架け橋となれば幸いに思います。

審査委員長メッセージ

審査委員長

審査委員長
Sylvain Huet

日本酒に対する世界的な関心は年々高まっています。日本酒の輸出市場は10年でほぼ3倍まで急成長していますが、それでも国内生産量の数パーセントに過ぎません。そのため今後数年間で更に大きく伸びていく可能性があります。
世界中の専門家および消費者は、日本酒を高品質な飲料として高く評価しています。しかし、新たに日本酒の魅力を発見していくには、信頼できる指針が必要となります。
世界へ向けてのコンテスト「Sake selection」への参加は、世界市場での認知と普及を望んでいる日本の酒蔵さんにとって、世界市場へのアクセルとなるでしょう。酒類業界でのさまざまな経験と実績を持つ審査員が、誰も知らない日本酒の世界の発見に挑みます。

エントリー 開催情報