サケ・セレクション

MENU

甘口の日本酒の選ぶときは山田錦などの酒米から選ぶのがおすすめ!

NO IMAGE

昔の甘口の日本酒である三増酒は甘みの強いお酒という認識で、評価が良くありませんでした。
しかし、今では三増酒は製造されていません。
米本来の甘味を引き出した飲みやすいものが現在の甘口の日本酒です。
甘口の日本酒の選ぶ際は、酒米から選ぶことをおすすめします。
今回は、甘口のお酒の選び方についてご紹介します。

□甘口の日本酒の見分け方

甘口の日本酒を飲もうと思っても、銘柄名やラベルに「甘口」と表示がなければ、見分け方が分からないですよね。
辛口か甘口かはどのように見分けたらよいのでしょうか。
日本酒の甘さ・辛さを知るのには、まずラベルを見てください。
3つの数値をチェックしましょう。

1つ目は、日本酒度です。
日本酒度とは、お酒の中にどれだけ糖分が残っているかを数値化したものです。
この数値がマイナスにだと甘口、0.0から2.0だと中口、それよりプラスだと辛口だと判断して良いでしょう。

2つ目は、酸度です。
酸度とは、お酒の中にどれだけ酸が含まれているかを数値化したものです。
酸といえばすっぱいというイメージがありますよね。
しかし、酸には味を引き締める働きもあるため、お酒にキレを生み出します。
酸度の平均値は1.0から2.0で、それより高いと辛口、それより低いと甘口に感じやすいでしょう。

3つ目は、アミノ酸度です。
アミノ酸度とは、お酒の中にどれだけアミノ酸が含まれているかを数値化したものです。
アミノ酸度の平均値は1.0から2.0です。
アミノ酸は旨味を引き出すため、アミノ酸度が高くなると甘口に感じるでしょう。

この3つの数値はあくまで目安です。
人によって甘さや辛さの感じ具合は変わるため、実際に自分の舌で様々な数値の組み合わせを試してみてください。

□日本酒の味わいを判断する方法について

日本酒によって使われるお米は変わります。
日本酒の味わいにはお米の影響が大きいです。
日本酒の味わいをラベルから判断したい方は原材料のお米の表記に注目しましょう。

ここからお酒の味をイメージできるでしょう。
まずは、酒造好適米か食用米かを見ましょう。
酒造好適米でよく使われている酒造好適米は4つあります。
それらの特徴と味わいを解説していきますね。

*4つの有名な酒造好適米の特徴と味わい

1つ目は山田錦です。
酒米として最も有名で、9割が兵庫県で栽培されています。
山田錦を使用した日本酒は、香りの高さとまろやかな味わいが特徴でしょう。

2つ目は新潟県の五百万石です。
山田錦の次に有名です。
五百万石を使用した日本酒は淡麗で切れ味が良いのが特徴でしょう。

3つ目は長野県の美山錦です。
他の米と比べると辛みが少なく、米の味がします。
香りも控えめなのが特徴でしょう。

4つ目は岡山県の雄町です。
雄町は酒米の中で最も歴史が長いです。
雄町を使用した日本酒は濃厚でしっかりとした味わいが特徴でしょう。

*精米歩合とは

精米歩合についてご存知ない方は多いですよね。
精米歩合とは、どの程度精米された米を使用しているかを示しています。
例えば精米歩合が60パーセントの場合、米の中心の60パーセントを使用していることを表しています。

つまり外側の40パーセントは削るということです。
米の表面のたんぱく質が多いと、酒造りをする際に雑味の元になり、香りを損なってしまうでしょう。
雑味のないお酒を造るため、精米して外側を削らなくてはいけません。
精米歩合が小さいほど、香り豊かで高価なお酒になります。

□自分に合った甘口の日本酒の選び方

ここまで紹介してきた日本酒度のような数値や米の種類を見ることによって、日本酒が甘口かを判断できます。
ここからは、自分に合った甘口の日本酒の選び方をご紹介します。

*製造方法や精米歩合で選ぶ

日本酒は製造方法と精米歩合によって分類されます。
日本酒を大きく分けると2つに分けられるでしょう。
「本醸造タイプ」と「純米タイプ」です。

この2つのタイプは精米歩合の数値によって、さらに8つに分けられるでしょう。
この2つのタイプの違いは、本醸造タイプは水、米、米麴に加えて醸造アルコールを使って造り、純米タイプは水・米・米麴で造ります。
醸造アルコールを使うかどうかで異なります。

醸造アルコールとは食用に用いられるエタノールのことです。
醸造アルコールを入れることでキレのある味わいになったり、香りや個性を生み出したりできるでしょう。
そのため、お酒本来の甘みがある純米タイプのお酒の方が甘口の日本酒が多いでしょう。

*酒蔵や生産地で選ぶ

酒蔵や生産地、銘柄によって日本酒の特徴が異なります。
日本酒生産量2位の新潟県は、五百万石という有名な酒造好適米の原産地です。
五百万石を使用した日本酒は淡麗で切れ味が良いのが特徴で、新潟県の多くの日本酒は淡麗辛口でした。

しかし、近年では甘口の日本酒も多く造られているそうです。
また、同じエリアの酒蔵でも、使用する酵母や熟成期間が異なると全く違う味わいになるので酒蔵に聞いてみると良いかもしれませんね。

□まとめ

今回は甘口のお酒の選び方についてご紹介しました。
甘口か辛口かを見分けるには多くの指標がありましたね。
甘口の日本酒の選ぶ際には、お米についての情報をもとに選ぶと良いでしょう。

サケ・セレクションは、日本酒の醍醐味や日本の文化を世界に発信するために、出品酒を世界中の専門家から選ばれた審査員に評価してもらうブリュッセル国際コンクール(CMB ベルギー)日本酒部門で、2020年から日本国内で毎年開催を目指しています。
第二回開催が、兵庫県での開催が決定しました。
詳しくは、「第2回開催2020年実施について」で今後ご紹介していきます。

地域・観光カテゴリの最新記事