サケ・セレクション

MENU

「SAKE selection 2020」兵庫開催実行委員会設立総会の開催

NO IMAGE

2020年3月27日「SAKE selection 2020」兵庫開催実行委員会設立総会が、神戸メリケンパークオリエンタルホテルにて開催されました。

実行委員会は、会長を兵庫県知事、委員長を兵庫県副知事が務め、兵庫県内の酒米・日本酒製造に関係する25市町、および兵庫県酒造組合連合会、灘五郷酒造組合、全国農業協同組合連合会兵庫県本部、兵庫県酒米振興会、日本貿易振興機構(ジェトロ)神戸貿易センター、株式会社百五総合研究所の代表者により構成されています。

当日は、兵庫県副知事はじめ23市町の代表者、および関係団体の代表者が出席し、委員長の兵庫県金澤副知事が「SAKEはまだまだ世界では十分認知されている状況ではなく、ある意味伸びしろがものすごくある世界だと思う。フランスを訪問した際には日本酒の原料である酒米の王者山田錦、その栽培や日本酒製造に適した風土である兵庫県に非常に興味を持ってくれたことを実感した。世界から来る審査員が兵庫の魅力を体感していただく大変貴重な機会になることに期待している」と挨拶をされました。
次に株式会社百五総合研究所の代表取締役荒木康行より前回、2018年の三重大会の様子が報告されました。
その後、兵庫開催実行委員会の設立案、実行委員会会則案、事業計画案、収支予算案が審議され、賛成多数により可決されました。いよいよ「SAKE selection 2020」兵庫開催がキックオフされました。

 

兵庫県では、2016年にIWCの日本酒部門を開催しており、今回も世界最大規模のワインコンクール団体であるブリュッセル国際コンクール(CMB)が主催する「SAKE selection」を開催することで、本コンクールに賛同し集まった25の市町関係者と共に世界に向けSAKEを発信します。また、コンクールと同時に兵庫の地域資源を発信することで、観光振興や産業振興にも繋がる機会としていきます。

審査会は本年10月19日~21日の3日間、神戸メリケンパークオリエンタルホテルにて開催されます。

記事カテゴリの最新記事