サケ・セレクション

MENU

兵庫・姫路の老舗「田中酒造」のおすすめ日本酒銘柄とは?

NO IMAGE

「田中酒造場の中でもおすすめの日本酒ってなんだろう?」
このような疑問をお持ちではありませんか?

田中酒造場は「温故創新」をモットーに、1835年から180年以上、姫路を中心に酒造りを行う老舗酒蔵です。

そんな田中酒造場の日本酒の中でも、どの日本酒がおすすめなのかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は田中酒造場の日本酒の特徴から、おすすめの日本酒まで紹介します。

当記事を読んでから田中酒造の日本酒を飲むと、より一層田中酒造場のお酒が美味しく感じるはずです!

□田中酒造場の日本酒の特徴

*田中酒造場の歴史

田中酒造場は天保6年(1835年)に創業されました。

創業時に姫路城主である「坂井忠実」に酒の旨さを高く評価されて以来、現在まで手作りで伝統の味を再現しています。

元々は主に日本酒銘柄「名刀正宗」を作り続けていましたが、銘柄「白鷺の城」が昭和63年全国新酒鑑評会で初めて金賞を受賞しました。

*田中酒造場の思い

日本人向けの日本酒を、今の時代にふさわしい形で提供する「温故創新」の思いを元に5年〜10年先の日本酒を作っています。

また、田中酒造場は地元の農家と共同で酒米の栽培を行っていることも特筆すべき点です。

それは「ストーリーのある酒を造りたい」という思いで地酒を考えると、地元で生産したお米に行き着いたため。

現在は酒米の王様と呼ばれる「山田錦」以上に栽培が難しい米にチャレンジしています。

そんな田中酒造場では「石掛け式天秤搾り」という技術が新酒の初搾りとして毎日新聞などのメディアに取り上げられました。

□田中酒造場の特徴の一つ「石掛け式天秤搾り」とは?

*日本酒造りの行程とは?

日本酒造りの行程は主に以下の手順で進められます。

・日本酒の主原料である、米を精米する「精米」
・精米した米を洗い、糠(ぬか)を取る「洗米」
・水分を含ませた米を大きな蒸し器のようなもので蒸す「蒸米」
・麹のもとを振ることで繁殖させる「麹づくり」
・アルコール発酵を促す酵母を投入し、増殖させる「酒母づくり」
・酒母をタンクに入れ、麹、蒸米、水を加えて発酵させ作る「もろみづくり」
・もろみを絞って(圧搾)、清酒と酒粕に分ける「上槽(じょうそう)」
・絞った不純物を濾過した後に殺菌する「火入れ」

*伝統の酒造り「石掛け式天秤搾り」

「石掛け式天秤搾り」は上記の中でも、もろみづくりに関連する技術となります。

石掛け式天秤搾りは、最も古いとされる醪(もろみ)を取る方法ですが、創業以来ずっとこの技術で酒造りが行われていたわけではありません。

21世紀前に伝統の酒造りのアイデアを探していたところ、石掛け式天秤搾りの道具を蔵の中で発見したそうです。

機械ではない、もろみを取る方法を採用することによって、機械式以上のまろやかな日本酒の仕上がりに。

現在は機械式と伝統的な方法の良いところをミックスさせることで、より良いオリジナルの日本酒の作り方を追求しています。

ここからは田中酒造場の中でもおすすめの方法を紹介します。

□日本酒「白鷺城」

*白鷺城の評価

白鷺城(特別純米酒)は「ブリュッセル国際コンクール日本酒部門サケ・セレクション2018」純米酒部門のシルバーを受賞しています。

その他の品評会でも受賞経歴があります。

田中酒造場を代表する名酒で、地元姫路でも人気の一品です。

*名前の由来

「白鷺城」の名前の由来は世界文化遺産にも指定される「姫路城」の別称より由来しています。

池田輝政が大改築の時に真っ白にした城壁や屋根が、白くて美しい白鷲の羽を広げている姿に見えたため、白鷺城と名付けられました。

□日本酒「白鷺城」の種類

*「白鷺城」純米吟醸酒

「白鷺の城」純米吟醸酒では吟醸の香りとお米の旨み両方を味わえます。

原材料は米と米こうじのみで、日本酒度+3、酸度1.6と辛口の仕様です。

*「白鷺城 稀代」天秤搾り 純米酒

山田錦を100%使用。

もろみを天秤搾り機で絞り、きめ細やかな新酒となっています。

味は日本酒度+4.0、酸度1.7の辛口。

材料は米と米麹のみ、精米歩合60%の純米酒です。

*「白鷺城 稀代」 天秤搾り 絞りたて純米生酒

稀代の絞りたて純米生酒。

酒質は「白鷺城 稀代」天秤搾り 純米酒と同じです。

*「白鷺城」大吟醸酒

「白鷺城」大吟醸酒は但馬杜氏が手作りにこだわった逸品。

伏流水で仕込んでおり、日本酒度+4.0、酸度1.4の淡麗辛口酒です。

この上ないフルーティーな香りがするのも特徴の一つ。

山田錦を38%にまで精白し、精米歩合は驚異の38%を誇る大吟醸酒です。

□まとめ

当記事では田中酒造株式会社の日本酒の特徴からおすすめの日本酒まで紹介しました。

田中醸造酒は伝統の「石掛け式天秤搾り」で、美味しい日本酒を作り続けています。

興味があればぜひ飲んでみてはいかがですか?

サケ・セレクションは、日本酒の醍醐味や日本の文化を世界に発信するために、出品酒を世界中の専門家から選ばれた審査員に評価してもらうブリュッセル国際コンクール(CMB ベルギー)日本酒部門で、2020年から日本国内で毎年開催を目指しています。
第二回開催が、兵庫県での開催が決定しました。
詳しくは、「第2回開催2020年実施について」で今後ご紹介していきます。

地域・観光カテゴリの最新記事