サケ・セレクション

MENU

小西酒造の兵庫を代表するおすすめ日本酒とは?白雪から3つ厳選

NO IMAGE

「小西酒造株式会社の中でもおすすめの日本酒ってなんだろう?」
このような疑問をお持ちではありませんか?

小西酒造株式会社は「誰も歩いていない道を行く」というスローガンのもと高品質な商品を次々と生み出す兵庫県伊丹市の清酒メーカーです。

そんな小西酒造のお酒を飲んでみたいとはいっても、どの銘柄を飲めばいいのかわからないという方も多いはず。
そこで今回は小西酒造が発売している中でもおすすめの日本酒を紹介していきます。

□小西酒造の日本酒の特徴

小西酒造は1550年に創業して以来、清酒発祥の地と言われる伊丹市で長らく発展してきました。

小西酒造のブランド酒である「白雪」は最古の清酒銘柄と言われています。

歴史的かつ伝統的な側面を持つ一方で、製造技術や管理、充填技術を常に高め続け、現代風にアレンジしているお酒も販売しています。

□小西酒造を代表するブランド酒「白雪」とは?

主に濁り酒が飲まれていた時代に清酒を製造し始めたのが小西酒造です。

馬の背に乗せて、酒樽を江戸まで運んでいたところ富士の万年雪の綺麗さに感動したことより、小西家の二代目である宗宅が「白雪」と名付けたと言われています。

そんな白雪の中でもたくさんの種類があるため、ここからは小西酒造が製造するオススメの日本酒を3つ紹介していきます。

□超特選白雪江戸元禄の酒

超特選白雪江戸元禄の酒は小西家秘伝書「酒永代覚帖」を元に、江戸の元禄時代に飲まれていたものを復元したお酒。

「ブリュッセル国際コンクール日本酒部門サケ・セレクション2018」熟成古酒部門の部門最高賞であるトロフィー賞を受賞しました。

酒造記録から当時の酒造りを再現し、仕込み水を半分ほどしか使用していません。

精米歩合が高く、仕込み水が少ないほど米の成分であるアミノ酸・糖・ミネラルが多くなるため琥珀色となります。

甘辛度は日本酒度-35と超甘口、濃厚度は超濃厚と位置付けられます。

アルコール度数は18度でロック、水割り、お湯割りどれでも楽しめますよ。

□白雪には様々な種類があります

*白雪大吟醸生原酒氷温熟成

「超特選白雪江戸元禄の酒」以外にも「白雪」には、「白雪大吟醸生原酒氷温熟成」というものもあります。

こちらはしぼりたてのお酒をそのまま氷温で貯蔵した日本酒です。

お酒は通常1、2回加熱処理を行うことで殺菌を行いますが、生酒は加熱処理を全く行いません。

日本酒は醸造時、フルーティーな香りがします。

しかしこの香りは加熱処理を行えば行うほどいい香りが消えてしまうため、加熱処理前後で全く異なってしまうことも多いのです。

白雪の生酒はしぼりたてのお酒を0度以下でも凍らない温度で熟成させることによって、フレッシュかつまろやかなチルド生酒です。

酵母や酵素を取り除くことにより、必要なうまみ成分も消えてしまう常温生酒とも口当たりや味わいは全く異なります。

力強い味わいが好きなら白雪大吟醸生原酒氷温熟成、爽快な味わいが好きなら白雪大吟醸原酒氷温熟成を選ぶのがおすすめです。

*超特撰白雪純米吟醸赤富士

超特撰白雪純米吟醸赤富士は葛飾北斎の「冨嶽三十六景 凱風快晴」をラベルデザインした高級感溢れた純米吟醸酒です。

赤富士とは主に晩夏から初秋にかけて、富士山が朝日によって赤く照らされる現象のことを指します。

その珍しい光景より赤富士は昔から富士山の中でも特に縁起が良いとされています。
味はコクとキレを兼ね備え、滑らかな口当たりが特徴的です。

まろやかさを楽しみたい方はお燗で、すっきりした味わい好みの方は5度〜10度で冷やして飲むのがおすすめです。

超特撰白雪純米吟醸赤富士は日本酒度+2とやや辛口、酸度1.7で濃醇度は平均的。

アルコール度数は15度以上16度未満です。

*超特撰白雪伊丹諸白(本醸造)

超特撰白雪伊丹諸白(本醸造)は江戸時代の技術である「諸白仕込」で醸したお酒のこと。
諸白仕込は麹造りと清酒の仕込み、つまり麹米ともろみの掛米両方に精白米を使うことから名付けられました。

超特撰白雪伊丹諸白(本醸造)はこの江戸時代の新技術「諸白仕込」で作られた、伊丹周辺限定の最高級品です。

日本酒度は+3でやや辛口、酸度は1.4で濃醇度は平均的。

アルコール度数は15度以上16度未満です。

□まとめ

当記事では小西酒造株式会社の中でもおすすめの日本酒を紹介しました。

今回紹介した小西酒造株式会社のおすすめ白雪商品は以下の3つ。

・超特選白雪江戸元禄の酒
・超特撰白雪純米吟醸赤富士
・超特撰白雪伊丹諸白(本醸造)

超特選白雪江戸元禄の酒(復刻酒)は江戸時代元禄時代から代々飲まれている超甘口、超濃厚を楽しみたい方。

超特撰白雪純米吟醸赤富士はやや辛口の高級感ある純米吟醸酒を飲みたい方。

超特撰白雪伊丹諸白(本醸造)は諸白仕込みのやや辛口を楽しみたい方にそれぞれおすすめです。

サケ・セレクションは、日本酒の醍醐味や日本の文化を世界に発信するために、出品酒を世界中の専門家から選ばれた審査員に評価してもらうブリュッセル国際コンクール(CMB ベルギー)日本酒部門で、2020年から日本国内で毎年開催を目指しています。
第二回開催が、兵庫県での開催が決定しました。
詳しくは、「第2回開催2020年実施について」で今後ご紹介していきます。

地域・観光カテゴリの最新記事