サケ・セレクション

MENU

【審査委員長】Sylvain Huet/フランス

  • 2019.08.08
【審査委員長】Sylvain Huet/フランス

日本酒に対する海外の関心は目を見張るほど高まっています。
昨年はヨーロッパにおける日本酒の輸入量が爆発的に伸びており、今ではアジア諸国、アメリカ地域など従来の輸入国の輸入数値をいずれ追い越さんばかりの、歴史的な現象が生まれております。

20年以上前、武術と日本文化に強く憧れを持ち私は来日し、蔵元の仕事を知るにつれもっと日本酒を勉強したいとの思いに駆られ、定期的に多くの蔵元を訪問しました。
そして、海外では未知の飲み物である日本酒を、まずはフランス、次いでヨーロッパ、そして世界にもっと紹介して、その魅力を知ってもらいたいと活動をし始めたのです。
多くのイベントを企画して研修セミナーを開催し、特に「サロン・デュ・サケ」は日本国外における展示会として認知されるようになり、その業績が評価され、2012年にフランス人として初めて「酒サムライ」という名誉ある称号を与えて頂きました。
ブリュッセル国際コンクールは世界的に権威のある品評会です。
今回このコンクールの日本酒専門家として、私は日本のパートナーの方々とご一緒できる事になりました。
私は、日本の生産者に絶対的な尊敬の念を払い、彼らの伝統様式を遵守しつつ、世界にも通用する審査を行いたいと思っております。
この新しい国際コンクールへの参加は、蔵元の理念を尊重しつつ、積極的に世界市場へ日本酒の情報を発信することが出来ます。
時に気難しくかつ厳格で、世界で活躍する国際審査員によって審査は実施、世界に紹介されていきます。

蔵元の方々が是非とも「SAKE selection」に参加されることで、本格的に世界への市場へ羽ばたいていただきたいと願っております。

カテゴリの最新記事