サケ・セレクション

MENU

開催情報

開催地

about

三重県は海・山・川の幸と豊富な自然に恵まれ、
古来より「美し国」と称されてきました。
伊勢志摩サミットでの出会いや経験、全国から良質の酒が納められる
伊勢神宮の伝統と歴史の背景などにより、
三重県開催が決まりました。

審査員情報

about
主催者

審査委員長
Sylvain Huet
Salon du saké主催者、日本酒啓蒙家

日本酒に対する海外の関心は目を見張るほど高まっています。
昨年はヨーロッパにおける日本酒の輸入量が爆発的に伸びており、今ではアジア諸国、アメリカ地域など従来の輸入国の輸入数値をいずれ追い越さんばかりの、歴史的な現象が生まれております。
20年以上前、武術と日本文化に強く憧れを持ち私は来日し、蔵元の仕事を知るにつれもっと日本酒を勉強したいとの思いに駆られ、定期的に多くの蔵元を訪問しました。
そして、海外では未知の飲み物である日本酒を、まずはフランス、次いでヨーロッパ、そして世界にもっと紹介して、その魅力を知ってもらいたいと活動をし始めたのです。
多くのイベントを企画して研修セミナーを開催し、特に「サロン・デュ・サケ」は日本国外における展示会として認知されるようになり、その業績が評価され、2012年にフランス人として初めて「酒サムライ」という名誉ある称号を与えて頂きました。
ブリュッセル国際コンクールは世界的に権威のある品評会です。
今回このコンクールの日本酒専門家として、私は日本のパートナーの方々とご一緒できる事になりました。
私は、日本の生産者に絶対的な尊敬の念を払い、彼らの伝統様式を遵守しつつ、世界にも通用する審査を行いたいと思っております。
この新しい国際コンクールへの参加は、蔵元の理念を尊重しつつ、積極的に世界市場へ日本酒の情報を発信することが出来ます。
時に気難しくかつ厳格で、世界で活躍する国際審査員によって審査は実施、世界に紹介されていきます。
蔵元の方々が是非とも「SAKE selection」に参加されることで、本格的に世界への市場へ羽ばたいていただきたいと願っております。

募集要項

regulation

エントリーの受付は終了させていただきました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
次回、募集規定が決まり次第、情報を掲載いたします。

出品部門
【7部門】 ①純米大吟醸酒 ②純米吟醸酒 ③純米酒(特別純米酒) ④吟醸酒(大吟醸酒)
⑤本醸造酒(特別本醸造酒) ⑥スパークリング日本酒 ⑦熟成古酒
評価シート
ご希望の出品者には、審査員からの出品酒についてのレポート(英語)をお送りすることが可能です。
エントリーの際にお申し込みください。
出品メリット
・ 受賞酒は、在欧州大使館でのイベント等でPR機会を提供します。
・ ブリュッセル国際コンクール(CMB)の、海外トレードショー
[VINISUD(ヴィニシュッド)パリ他]において受賞酒および受賞酒蔵のPRを行います。
・ CMBを運営するベルギーの現地法人、Vinopres社が発行するヨーロッパを中心とした機関誌(ワイン・ビール等約100万部)に記事を掲載し、海外での認知拡大に寄与します。
・ 審査員から最大5名を「酒大使」に任命し、本コンクールの結果や受賞酒を継続的にPRします。 ・ 受賞酒にはCMBの受賞を謳ったアイテム(ボトルネックなど)が使用できます。
出品酒
容量:720ml~750mlを基本とします。(4合瓶)
数量:出品酒1点につき4本送付していただきます。
※500mlの場合:6本/500ml未満の場合:8本
出品酒送付期間
2018年9月3日(月)~9月21日(金)
審査方法
ブラインドされた状態で、審査基準シートに基づき、公平・一貫性のある審査を実施します。
審査委員長
Sylvain Huet(シルヴァン ユエ 国籍:フランス)
審査員
国外28名 国内7名 計35名
表彰
全エントリー日本酒の内、最大25%以内で表彰されます。
評点により、プラチナ / ゴールド / シルバーの順で決定します。
結果発表
2018年10月下旬 公式ホームページ上で発表
表彰式
2018年11月21日(水) 駐日ベルギー王国大使館
トロフィー酒セレモニー
2019年1月~2月頃 ベルギー王国 ブリュッセル市庁舎
※プラチナ受賞酒の中からトロフィー酒を決定し、ベルギーにて表彰式を行う予定です。
受賞酒一覧 エントリー